二郎 麺半分 タイミング, 固定資産税 口座振替 いつ, フローリング 剥がれ 補修 ニス, Python パッケージ内 Import, 探偵 ナイトスクープ マネキンと結婚 動画, 雨の日 犬 お出かけ 栃木, 仙石線 榴ヶ岡 駅 時刻表, エイベックス 1998年 グループ, 地方公務員 退職金 30年, メラビー ベビーカーシート 付け方, Twice 日本人 脱退, リカちゃん パジャマ 型紙 無料, 条件付き書式 文字列 含まない, 一人暮らし 趣味 インドア, 蛍光灯 反射板 外し方, リカちゃん パジャマ 型紙 無料, ブルーレイ ダビングできない パナソニック, Access フォーム 大きさ 変わる, Ikea シーリングライト リモコン, 習い事 辞める 菓子折り, オートバックス タイヤ 1本, Centos 画面ロック 解除, ジルスチュアート プレゼント 男, カーナビ 取り付け 松戸, リトルカブ ボアアップ 耐久性, Ps4 メディアプレイヤー 見つからない, 2021 カレンダー エクセル 月曜始まり, 王柏融 台湾 反応, ポリ袋 ワンピース 型紙, 最新 沢尻エリカ 現在, アシックス 契約選手 サッカー, 犬 心臓病 ご飯食べない, " />

bmw クリーンディーゼル アドブルー 42

November 15th, 2020

クリーンディーゼルエンジンとは?メリット2つとデメリット3つ!仕組み/構造の特徴まで解説!, (クリーン)ディーゼルの維持費は安いかハイブリッド、ガソリンと比較!お得か高いか決着!. ・車重:1540kg 「人とは違うものがいい」。そんな思いでディーゼル車を選ぶユーザーも多いという。国産車のディーゼルの雄、マツダを選ぶか、それともドイツ車を選ぶか。, しかもある程度の年齢になれば、落ち着きのあるセダンが一番使い勝手がよいというユーザーも増える。, そこで中古車(しかも程度極上)で350万円前後で狙えるBMW320d、ベンツC220d、そして新古車に近いマツダアテンザの3台から選ぶならどれが「買い」でしょうか?, 次々に明るみになった不正問題により、欧州では自動車メーカー自体がすっかり信用をなくしてしまい、すでにディーゼル離れが進みつつある。, だが、遠く離れた日本ではまだまだディーゼルがもてはやされている。張本人であるVWが2年越しでディーゼル車を日本に導入したのも、名誉挽回はもちろん、日本にはまだディーゼルの市場が十分にあると見たからにほかならない。, BMWのなかでも人気の320d。特に中古車相場はかなりこなれてきており、憧れを買うにもベストタイミングかも, また、2018年秋現在、日本で買えるディーゼル車というのは、日本車はごく少ないのに対し、欧州勢は意外なほど多いという事実もある。, そんな中で、本稿ではアテンザXD、BMW320d、メルセデス・ベンツC220dという日独人気モデルについて述べていきたい。, 日本のディーゼルの雄となったマツダのアテンザは、現行モデルで最大となる大幅改良を実施したばかり。, それもあってか従来モデルの末期にあたる年式で走行距離の非常に少ない、いわゆる「新古車」と呼べそうな個体が、350万前後でちらほら出回っている。, 対するドイツ勢について、まずBWM3シリーズはモデル末期にあたり、次期型の情報もちらほら見受けられるようになったところ。, ディーゼルの320dは2012年秋に初めて販売され、2016年5月にエンジンがアップデートされおり、それを境に中古車相場も少なからず変わる。, いっぽうのメルセデス・ベンツCクラスはマイナーチェンジを実施したばかりというタイミング。, マイチェンされたばかりのCクラス(写真はMC前のC200)。熟成されたMC前モデルは安く買うことができる。その性能差に悩むが価格を考えれば我慢できる?, この機にエンジンも現行Eクラスより導入された最新の2リッターユニットに換装されており、中古車市場で流通している220dは従来の旧いエンジンとなる。, 320dと220d、それぞれディーゼルの高年式の中古車が350万円前後でけっこう豊富に見つかる。, 2018年5月にマイナーチェンジされたばかりのアテンザ。MC前モデルは走行距離数千キロの個体でもかなり安く買うことができる, 3シリーズとCクラスが人気モデルであることはいうまでもなし。いずれも「欲しい!」と誰しもに思わせる強力なパワーを持っている。, アテンザと同程度の出費なら、320dやCクラスを選んだほうがいいに決まってるという人は、それはそれで大いにけっこうだ。, いっぽうのアテンザも、ブランド云々よりも評判のよいマツダのディーゼルにぜひ乗りたい! と思っている人が、それはそれで大勢いる。, といってもどのくらい説得力があるかどうかはビミョーながら、プレミアムブランドのエントリーセダンもよいが、近年ブランドイメージの急上昇したマツダのフラッグシップに乗るほうが気分がいいという人も少なくないことだろう。, 尿素水溶液「アドブルー」の定期的な注入が不要のマツダのディーゼルエンジン。デザインも洗練され、非常にコスパも高いが、FFがメインなことなどセダンへのこだわりを持つ層からはデメリットもある, さて、ディーゼルに乗りたいという多くの人にとって、その主な理由というのは、経済性とトルクフルな走りのふたつに違いないはず。, 各車の燃費の公表値については、従来型のアテンザの2WDが19.6~22.4km/L、4WDが18.2~20.4km/L、320dの現行型が21.4km/L、C220dのマイナーチェンジ前が20.3km/Lと、若干の差はあるが拮抗しているといえる範囲かなと。, では走りのほうはどうかというと、スペックとしては、アテンザの従来モデルは最高出力175ps/4500rpm、最大トルク420Nm(42.8kgm)/2000rpm。, BMW320dのディーゼルユニットはまだ「現行」だ。いつかは型落ちになるものの、性能はやはり一歩リードか, 現行BMW320dは最高出力190ps/4000rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1750-2500rpm。, マイナーチェンジ前のC220dは最大出力170ps/3000-4200rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1400-2800rpmとなっており、排気量ではもっとも小さいものの最新のエンジンを積む320dがもっとも高出力だ。, ところで、ドイツ勢は後輪駆動のみ、アテンザは前輪駆動もしくは4WDという違いがあることもお忘れなく。4WDにこだわるならアテンザ以外の選択肢はない。, また、先進安全運転支援システムの機能をはじめ装備にも大なり小なり違いはあるわけだが、そこはCクラスが一歩リードという印象だ。, この中で2018年秋現在、どれを選ぶのがもっとも賢明か?  ここまで読んで答えがすでに出た人も少なくないだろうが、実際のドライブフィールをお伝えしておこう。, マツダのスカイアクティブDは驚くほどの低圧縮比を実現し、尿素水等を使うことなく優れた走りを実現したところがたいしたもの。, それは中古車で狙う改良前の従来モデルでも同じ。ただし、最高出力190ps/4500rpm、最大トルク450Nm(45.9kgm)/2000rpmになった最新モデルを知ってしまうと、見劣りするのは否めないというのが正直なところ。, それぐらい改良後の最新モデルはよくできているとご理解いただきたい。むろん従来モデルでも、スカイアクティブDのよさはそれなりに味わえるのでビミョーなところ。, どうしてもひっかかる人は、思い切って最新モデルの新車を買うか、中古車が出てくるのを待ったほうがよい、と思うほどだ。, いっぽう、Cクラスはマイナーチェンジ後のモデルには未試乗なのだが、これまた大幅に進化していることは間違いない。, エンジンも新しくなることだし、Eクラスで最新の2リッターディーゼルを味わった印象からすると、これまた差は小さくない。, ディーゼルらしい力感はあるが、ディーゼル特有の音や振動もまたけっこう大きめで、あまり洗練度は高くない。, ベストバイは性能を考えると320dになる。実はこのクラスのディーゼルセダン選びはとても奥が深い。悩みはじめると各社一長一短もあり、そこがまた楽しい部分か, そんな2台に対し、320dは現役のエンジンが搭載されているのが強み。このパワートレインも、低回転域でわずかにディーゼルを感じさせるが、そこを過ぎるとガソリンと遜色ないほど低振動で静粛性が高い。, そして何より低回転から力強いトルクを、レスポンスよくリニアに生み出すエンジンフィールが素晴らしい。, モデル末期につき、そう遠くないうちに現役モデルでなくなってしまうことを許せるなら(どうせ中古車はそういうものだし……)、この中では本記事掲載時点におけるベストチョイスは320dではないかと思う。, [アテンザ XD L パッケージ 2017年モデル] コソコソっとブログ道やってます , ・新車時価格:559万円, 高速道路SA・PAのEV用急速充電器はなぜ増えない? 背に腹はかえられない切ない事情, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 自動車用のエンジンのひとつであるディーゼルエンジンは高いトルクと燃費の良さが売りのエンジンですが、その性能を維持するにはメンテナンスが重要です。, そんなディーゼルエンジンは各自動車メーカーで何年間、もしくは何万キロもの走行距離に耐えられるように信頼性の設計がなされており、量産機械としては高い耐久性を持っています。, 使われている部品が無限に耐久性があるわけではなく、いつかは壊れる日が来ます。ですがエンジンのメンテナンスを適切に行うことでエンジンの寿命を伸ばすことは可能で、不意の故障なども減らすことができます。, ディーゼルエンジンもガソリンエンジンも数万個の部品が集合してできている機械で、それらが結合したり, またエンジンは非常に高速回転する機械で、毎分数千回転という激しい動きを常に行っています。, このように負荷の高い機械は最初の設計による耐久性の確保や、信頼性設計の確かさなどは当然必要ですが、それに加えてメンテナンスによるアフターケアは欠かせません。, エンジン部品それぞれには耐久性や設計要件の違いによって主に3つのメンテナンス性があり、長期間の耐久性を与えられたエンジン主要部品のほかに、定期的に部品の交換が必要な「定期交換部品」、短い期間で交換の必要な「消耗品」があります。, ディーゼルエンジンにおけるこれら3種類の主要部品は次の通りとなっており、それぞれ適切な期間での部品交換が必要となります。, このうち特にメンテナンスが重要なのは交換頻度の多い消耗品類で、主にエンジン内部で使われる液体類や、バッテリーなどが該当します。, これらはエンジン内部で少しずつ劣化していく部品で、性能が悪化する前に交換しなければなりません。, 次に重要なのは定期交換部品と呼ばれるグループで、短い走行距離で交換する必要はありませんが、長期間走行したら交換が必要な部品となっています。, 国産車の場合には定期交換部品はおよそ走行距離100,000km前後で交換するように設計されており、その走行距離に近づくごとに部品の性能が少しずつ低下していきます。(一般的な寿命の詳細は以下の記事をご参照ください。), 定期交換部品の種類はエンジンごとに少しずつ違いますが、ディーゼルエンジン特有のものも結構多いです。, 最後にエンジン主要部品ですが、これはエンジンの本体系を構成する大型部品がほとんどで、基本的にメンテナンスは不要な部品です。故障や破損した際には交換は必要ですが、メンテナンスという観点では必要ありません。, もしこれらの部品類を適切に交換しなかった場合には、ディーゼルエンジンは本来の性能を発揮できなくなり、出力、トルク、燃費などの面でエンジン性能が低下します。, またエンジンの破損や故障、部品故障などにもつながる可能性があるので、メーカーで決められたメンテナンスメニューには従うことが重要です。, ディーゼルエンジンのさまざまなエンジンメンテナンスのポイントについては後ほど詳しくご説明しますが、最も基本的なエンジンメンテナンスであるエンジンオイルについて触れていきます。, ディーゼルエンジンのエンジンオイル交換は以下の記事で詳しく説明していますので、ここでは簡単な説明に留めます。, エンジンオイルはエンジン内部で様々な役割を果たしている重要なオイルで、その分汚れの蓄積や劣化が激しいものでもあります。, エンジンオイル交換はエンジンメンテナンスの最も基本となるもので、比較的短い走行距離ごとに交換しなければなりません。, またエンジンオイル交換2回ごとに、エンジンオイルフィルターも交換する必要があります。エンジン種類やメーカーによって交換インターバルは違いますが、国産車の場合には5,000km〜10,000kmごとの交換が一般的です。, ですが輸入車のディーゼルエンジンの場合には15,000km程度がメーカー推奨距離となっており、国産車とは設計の考え方とエンジンオイルの性能が違います。, 交換するエンジンオイルは基本的には自動車メーカーの推奨オイルが良く、それぞれのメーカーのディーゼルエンジンにマッチしたオイルとなっています。, ですがその他にも市販のエンジンオイルは何種類もあり、性能や成分が合えばそういったものも使用できます。, これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。, 詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。, では次にディーゼルエンジンや近年主流となったクリーンディーゼルエンジンにおける、重要なメンテナンスのポイントをご説明しましょう。, ディーゼルエンジンの消耗品交換は基本的にガソリンエンジンと一緒で、前述したエンジンオイルの交換の他にいくつか交換するものがあります。, まずエンジンの冷却に必要な冷却水は消耗品の筆頭で、エンジンオイルの次に重要な消耗品です。エンジン内部を流れて熱を奪う冷却水はエンジンの焼付き防止に使われており、常に高温の液体です。, 基本的にはエンジン内部で密閉されているのでエンジンオイルほど急激に交換しなくてもよいですが、数万キロごとに交換しておいたほうが良いでしょう。, その他には12Vの補機バッテリーがあり、これも数万キロごとに電圧の低下が起こるので交換が必要です。, 現在のディーゼルエンジンにはさまざまな電装品が使われているので電源が必須で、その電気を一時的に貯めておくのがバッテリーです。, ガソリンエンジン車でもそうですが電装品の動きが悪くなったり、エンジンがかかりにくくなった場合にはバッテリーが劣化している可能性が高く、そうなる前に事前にバッテリー交換しておくのが望ましいです。, これらの消耗品はエンジンの正常稼動には必要不可欠なものであり、車に乗る以上は適切にメンテナンスしていきましょう。, 定期交換部品は比較的長い距離を走行したエンジンに必要なメンテナンスで、1台の車を長く乗り続けている場合や、中古車で購入した場合などに必要になります。, タイミングベルトやゴムホースなどはディーゼルエンジンだけでなくガソリンエンジンでも必要な、エンジン全般で基本的な交換部品です。, ですが次のものはディーゼルエンジンおよびクリーンディーゼル特有の定期交換部品となります。, 燃料ポンプとインジェクターはディーゼルエンジンの燃料である軽油をエンジンに送る役割を持つ部品ですが、ディーゼルエンジンの定期交換部品の中では比較的故障の多いものとなります。, これらの部品はディーゼルエンジンの部品の中では比較的負荷の高い部品で、ディーゼルエンジンのシリンダー内に燃料を噴射するための部品です。, 昔のディーゼルエンジンでは機械式の燃料ポンプが使われており、その機械部分の故障や破損が多かったので、80,000kmぐらいで交換するのが一般的でした。, ですが近年主流であるクリーンディーゼルエンジンの場合には昔より燃料の噴射圧力が非常に高くなっており、そのための高圧燃料ポンプと、電子制御化された燃料インジェクターが採用されています。, 20気圧以上の高い圧力に耐える頑丈な部品であり、長い距離使用されていると部品の破損や電子制御系のトラブルなどが起こりやすい部品でもあります。, これらの交換には十数万円必要となりますが、ディーゼルエンジンやクリーンディーゼルエンジンを使い続けるのであれば定期交換は必要です。, 排気ガス触媒は排気ガス内の有害物質を除去する役割をする部品であり、クリーンディーゼルエンジンの排気ガス処理に必須の部品です。, これらの部品は貴金属の触媒反応を利用して排気ガスの有害物質を化学的に処理していますが、その効果は処理を続けるほど性能が劣化していきます。, 触媒の交換時期はメーカーが設計時に考慮して部品の容量を設定しており、おおよそ走行距離100,000kmをめどに定期交換する必要があります。, クリーンディーゼルエンジンには主に3つの触媒があり、酸化触媒、DPF(Diesel Particulate Filter)、NOx触媒もしくは尿素SCR触媒、というものが必要となっています。, どの触媒も100,000km程度が寿命として設定されており、それを越えて使用していると排気ガス浄化性能が低下して有害物質が処理できなくなり、車検などでも引っかかる場合があります。, そうなる前に触媒は交換しなければならず、クリーンディーゼルエンジンを長く乗り続けるなら必須と言えるでしょう。, ですが交換費用はかなり高額で、一種類あたり100,000円程度の交換費用が必要となっています。, 排気ガスの触媒周辺には各種のセンサー類があり、排気ガス処理を適切に行うために排気ガスの状態をモニターするために使われます。, ですが高温の排気ガスに常にさらされてるセンサーなので比較的故障も多い部品で、走行距離100,000km前後で故障が多発する傾向にあります。, そのためこれらのセンサーは次々故障することがあり、予防的に交換する場合も出てきます。センサー類は部品費用がそこまで高額ではなく一種類10,000円以下ですので、予防的な交換でもそこまで費用がかかりません。, 排気系センサーが故障すると運転席にエンジン警告灯が点灯するのですぐに分かるようになっており、基本的にはこれが点灯したら交換するようにすればよいでしょう。, 近年のクリーンディーゼルエンジンには最新型の排気ガス処理装置が装着されていますが、そのうちの一つにNOx(窒素酸化物)を処理するための「尿素SCR触媒」というものがあります。, ディーゼルエンジンから排出されたNOxは処理が非常に難しい有害物質で、各国の排気ガス規制でも厳しく規制されているものです。, 以前は規制がそこまで厳しくなくNOxトラップ触媒と呼ばれる別の触媒で処理できていましたが、その後規制の強化をうけて更に強力に処理できる触媒が必要となりました。それが尿素SCR触媒と呼ばれるもので、欧州メーカーを中心に採用が増加しています。, 尿素SCR触媒はNOxの処理に尿素水(アドブルー)を使用する特殊な部品で、排気ガス中に尿素水を噴射することでNOxを無害化することができます。, そのためエンジンが動いている間は常に尿素水を触媒に向けて噴射する必要があり、尿素水は少しずつ消費されています。, そのため専用のタンク内に尿素水が少なくなってきたときには補給する必要があり、尿素SCR触媒を持つクリーンディーゼルエンジン特有のメンテナンス項目です。, 尿素水タンクの大きさは車種によって違いますが、トヨタ車などではおおよそ走行距離10,000km〜15,000kmぐらいで補給が必要なほどの量となっています。, 輸入車はもう少し長距離補給が不要な大型タンクがある車もありますが、基本的には量が減ってくればインジケーターなどで知らせてくれるので、それに従えばOKです。, 尿素水(アドブルー)はガソリンスタンドや自動車用品店、ディーラーなどで補給することができ、5Lあたり1,500円程度、一台あたり10L前後の補給量となるのでそこまで費用面には影響しません。, ディーゼルエンジンには燃料内のごみなどをろ過する燃料フィルターが装着されていますが、その燃料フィルターにはもう一つの役割があります。, それは燃料内に混ざっている水の分離で、燃料フィルター内に溜まった水は排出する必要があります。, 燃料フィルターは燃料タンクからエンジンにつながる燃料配管の途中にありますが、ガソリンエンジンより大型のフィルターが設置されており、水抜きが大きな役割となっています。, 燃料フィルター内では自動的に燃料から水分を分離してフィルター内に水を貯めるので、それが許容量を超えたら水抜きの作業が必要です。, 水抜きが必要な場合には運転席のインジケーターが点灯するので、そうなったら水抜きを行います。, 水抜きには燃料フィルターの下部に付いているドレンプラグを緩めることで行う方式が殆どで、作業方法などは車の整備書に明記されています。, そこまで難しい作業ではないので個人でも実施可能ですが、水抜きの最後には軽油が出てきますので受けをしっかり作ることなどが重要となります。, ディーゼルエンジンの排気ガスにはPM(粒状黒鉛)と呼ばれるカーボン微粒子が含まれていますが、このカーボンはエンジンオイルと結びついて固形状になるとエンジン内部にも堆積します。, ディーゼルエンジンではエンジン内部にカーボンが堆積するのはある程度しかたないものですが、車の走り方や設計が悪いとカーボン堆積がエンジン性能に影響を及ぼすほどになる場合もあり、そうなったらカーボン除去のメンテナンスが必要な場合が出てきます。, 多くは吸気系に堆積したカーボンによるトラブルで、吸気抵抗の増加による出力低下や、バルブに堆積することによる圧縮抜けなどの問題が起こります。, そのため車のパワーが急に低下したりエンジン警告灯が点灯した場合にはこのトラブルを考える必要があり、その改善にはエンジン内部のカーボン除去以外にはありません。, ディーラーや自動車修理工場などでこのメンテナンスを受けることができますが、エンジンの分解を伴うので費用は結構高額になります。, なおカーボン堆積自体はディーゼルエンジンであれば起こるものですが、必ずしもメンテナンスが必要なほど堆積するわけではありません。, ディーゼルエンジンの特性を理解して運転するとカーボン堆積はある程度減らすことは可能です。, なおカーボンについては以下の記事でも詳しく解説しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。, ディーゼルエンジンやクリーンディーゼルエンジンのメンテナンス費用は、一般的には車の維持費として計算されるものです。, ですが基本的に維持費として考えるのは前述した消耗品の交換費用だけであり、長距離走った後に交換する定期交換部品は考えません。, ここまでご説明してきたディーゼルエンジンの消耗品の維持費を計算すると、年間走行距離を10,000kmとすると一般的に次のぐらいの費用となります。, これに加えて維持費には車検時の費用も合計するのが一般的であり、車検費用は2年で100,000円〜150,000円ぐらいが普通です。, 全て合計すると2年あたりの上記維持費が51,000円、車検費用を合わせると151,000円〜201,000円となります。, つまり1年あたり平均で90,000円前後がディーゼルエンジンやクリーンディーゼルエンジンの維持費と考えて良いでしょう。, もしこれらをもっと抑えたいのであれば個人でメンテナンスする範囲を広げるのが一番で、エンジンオイル交換や冷却水交換、バッテリー交換などを自分で行うことです。, 上記の費用には交換費用も含まれていますので、その分の費用を節約できれば年間費用で5,000円〜10,000円ぐらいは減らすことができるでしょう。, なおディーゼルエンジン車の維持費については以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。, 値引き交渉は正しくやらないと、車を買う際に60万円以上の損をする可能性があります。, 「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。, この正しいやり方さえ知っていれば、最大限まで確実に値引きできます。詳しくは下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技!』ページをご覧ください。, 水平対向エンジン/ボクサーエンジンの寿命(耐久性)は短い?メンテナンス次第で変わる?!, ディーゼルエンジンの尿素水/アドブルー補給の必要性とは?マツダでは補充の必要なし?!, ハイブリッド車の故障率は高い?修理費用も高額?故障事例から故障リスクまで徹底解説!, 某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。.

二郎 麺半分 タイミング, 固定資産税 口座振替 いつ, フローリング 剥がれ 補修 ニス, Python パッケージ内 Import, 探偵 ナイトスクープ マネキンと結婚 動画, 雨の日 犬 お出かけ 栃木, 仙石線 榴ヶ岡 駅 時刻表, エイベックス 1998年 グループ, 地方公務員 退職金 30年, メラビー ベビーカーシート 付け方, Twice 日本人 脱退, リカちゃん パジャマ 型紙 無料, 条件付き書式 文字列 含まない, 一人暮らし 趣味 インドア, 蛍光灯 反射板 外し方, リカちゃん パジャマ 型紙 無料, ブルーレイ ダビングできない パナソニック, Access フォーム 大きさ 変わる, Ikea シーリングライト リモコン, 習い事 辞める 菓子折り, オートバックス タイヤ 1本, Centos 画面ロック 解除, ジルスチュアート プレゼント 男, カーナビ 取り付け 松戸, リトルカブ ボアアップ 耐久性, Ps4 メディアプレイヤー 見つからない, 2021 カレンダー エクセル 月曜始まり, 王柏融 台湾 反応, ポリ袋 ワンピース 型紙, 最新 沢尻エリカ 現在, アシックス 契約選手 サッカー, 犬 心臓病 ご飯食べない,

Leave a Reply